ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違い

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOについて説明する男性Googleなどの検索エンジンでは、それぞれのサイトをチェックして検索順位に反映させています。しかしながら、人の手で全てのサイトをチェックすることは物理的に不可能です。そこでアルゴリズムによって自動的にチェックできるようにしています。それだけでなくウェブマスター向けガイドラインにより、SEOの手法について一定のルールを用意しているのが特徴です。ウェブマスター向けガイドラインに反する手法はブラックハットSEOと言います。ガイドラインに反している以上、ブラックハットSEOを行っている場合はいずれペナルティーを科されてしまう可能性があります。

一方でガイドラインにしたがった正攻法の手法をホワイトハットSEOと言います。ホワイトハットSEOによってアクセス数を増やすことがサイト運営者には求められています。Googleなどの検索エンジンは基本的にユーザー目線を重要としています。ユーザーが使いやすいと感じる検索エンジンほど、利用者の数を増やすことが出来るからです。つまり、ユーザー目線で利便性を向上させていくことにより、検索結果の上位に表示される可能性が高まります。とはいえ、ガイドラインを無視してSEOを行うことはペナルティーの対象となる可能性があります。

ペナルティーが科されると検索の下位に表示されたり、そもそも検索でヒットしなくなったりすることになります。利用者の減少を招いてしまう事態なので、ペナルティーを受けないように運営を行うことが大切です。Googleでは低品質なサイトを見極めています。一般に低品質と見なされるケースとしては、端末への対応性が低いこと、内容が充実していないこと、コピーコンテンツを含むこと、他のサイトとの違いがないことなどが挙げられます。これらに該当している場合は解決することによって検索エンジンからの評価が上がります。

利用者の満足度上昇を心がけていると、自然に検索エンジンからの評価も上がりやすくなるといえます。利用者に有益な情報を提供し続けることは満足度アップに繋がります。有益な情報は一時的ではなく、継続的に発信されることが重要となります。ホワイトハットSEOとブラックハットSEOではその後の状況が大きく変わるので、違いを知っておくことが大切です。一時しのぎではなく、長い目で見てアクセス数アップを実現するためにはどうすれば良いのかを検討することもサイト運営には重要といえるでしょう。