モバイル検索により高まる音声検索の需要

Googleでは文字入力による検索以外にもさまざまな検索方法を用意しています。Googleのキーマンとして知られるジョン・ミュラーは音声検索に積極的なので、今後Googleの音声検索はますます進化すると考えられます。

ジョン・ミュラーが音声検索を進化させることに積極的なのは、需要の高まっている分野であるからです。音声データを読み取って、文字入力と同様の形で検索することは難しくありません。しかし、音声の検索意図を理解し、実際に検索をかけるということはなかなか難しく、これからの進歩の余地があります。検索意図を理解する機能が強化されれば、音声検索はどんどん便利になるといえるでしょう。

Googleアルゴリズムも進化しています。構造化データーを用いたサイトの評価も可能になりつつあります。構造化データーが有効に用いられれば、検索順位の決定はますます合理的なものとなるかもしれません。音声検索の需要が高まる背景にはモバイルを使ったサーチの重要性向上が挙げられます。昨今ではモバイル端末の進化が続いており、パソコンを使わなくても検索を簡単に行えます。モバイル端末と音声検索の相性が良いので、Googleとしては力を入れているといえるでしょう。

利用者の要求に対してサイトや端末が答えることはクエリと呼ばれます。クエリの性能が上がると利便性はどんどん向上していきます。Googleは検索エンジンの大手であり、世界的にも大きな知名度を持ちます。しかし、検索エンジンはさまざまな会社が開発しており、どこを利用するかはユーザー次第となっています。そこでGoogleでは自社のサーチエンジンをよく利用してもらうための最適化を行っているとされます。アルゴリズムも高度になっていくと考えられるので、その内容に応じたSEO対策を行うことが大切です。いずれにしても利用者のニーズにこたえることが重要となります。そのためにGoogleがどういった方針を打ち出すのかについては、サイトの運営者であれば知っておいて損はありません。

定期的なコアアルゴリズムのアップデートにも注目していく必要があります。現段階でSEOに有効とされる施策がこれからも有効といえるかは誰にも分かりません。コアアルゴリズムを理解した施策こそ有効となります。高度なアルゴリズムにも対策を行い、最適化を進めることが変わりゆく中でも安定した検索順位を確保することに役立ちます。