基本的なSEOの考え方のおさらい

SEOSEO対策は様々な方向からのアプローチがあります。その1つがクローラービリティーです。クローラーによって収集されるようなサイトでないと、検索エンジンでヒットしない状態になってしまいます。クローラービリティーを実現することはアクセス数アップのスタートともいえるでしょう。

モバイルフレンドリーも重要な要素となっています。昨今ではパソコンだけでなく、スマートフォンなどのモバイルを使ってサイトにアクセスする方が増えており、サイトが対応することが求められます。モバイルフレンドリーを実現しているサイトは、利用者にとって便利なサイトといえるでしょう。

SEO対策では検索エンジン最適化を実現することが重要となります。検索エンジン最適化は検索エンジンのアルゴリズムなどを把握し、最適な施策を行うことを言います。各検索エンジンのアルゴリズムはそれぞれ異なっており、特にGoogleなどのメジャーな検索エンジンへの対応力はその重要性が高いとされます。

検索上位に表示されるためにはコンテンツの質を向上させることも大切です。コンテンツの質が良いと、利用者も増えていきます。コンテンツの質の良さを確認するためには、自サイトを利用者として訪問してみるのも有効となります。

利便性の高いサイトの条件のひとつになるのがページ表示速度が速いことです。どんなに素晴らしい内容を掲載されていたとしても、ページ表示速度が遅いとなかなか閲覧してもらえなくなります。1ページあたりの表示量が多かった場合、どうしてもページの表示速度が遅くなります。それゆえにある程度1ページあたりの量を抑えることも大切です。長くなりそうな場合は2ページに分割することも有効となります。

バックリンクを増やすこともSEO対策になりますが、質の良いバックリンクでなければ効果が薄くなることに注意しておきましょう。また、マークアップやURLの正規化といったこともSEO対策においては重要です。マークアップやURLの正規化が出来ていないと、他のSEO対策の効果が弱まるかもしれません。

利用者が個人情報を入力するサイトの場合はSSL化も非常に大切です。SSL化が実現されていないと、利用者の個人情報が抜き取られてしまう恐れがあります。SEO対策はその一つ一つが重要となっており、基本的な要素も多くありますが、全てをコツコツ実現していくことが大きな効果に繋がります。まずは基本を押さえることが大切です。