悪影響を与えるバックリンクについて

サイトの検索順位を高めたいときには外部対策も重要となります。
外部対策とは、被リンクなどに関する対策のことを言います。
上質なリンクがたくさんあるサイトは利便性が高いと見なされるので、検索結果の上位に表示されやすくなります。
それゆえに外部対策を行うことが重要といえるでしょう。

バックリンクに関する図外部対策において大切な要素のひとつにバックリンクがあります。
バックリンクとは、被リンクのことであり、他のサイトにリンクを繋いでもらうことを言います。
バックリンクが増えるとアクセス数が増えるだけでなく、検索順位が上昇しやすくなります。
しかし、バックリンクは量だけでなく質も重要となっています。
例えば、自サイトと全く関係性のないホームページとリンクで繋がったとしても検索エンジンからの評価はそれほど上がりません。
リンク先のサイトがほとんど運営していない場合も同様です。

外部対策としてバックリンクを増やそうとする場合は、上質なバックリンクを意識しておくことが重要といえるでしょう。
自分のホームページがどれくらいバックリンクで繋がっているのかについては、専用のチェックツールなどを使うのが有効です。
hanasakigani.jpは自分のサイトのURLを入力するだけで、どれくらいのバックリンクがあるかを確認することが出来ます。
URLさえわかればすぐに確認できるのでhanasakigani.jpの利便性は非常に高いです。

また、バックリンクを増やす場合は中古ドメインの利用が有効です。
中古ドメインを利用すると、これまでに利用されていたドメインの評価を引き継ぐことができるメリットがあります。
良いバックリンクを最初から受けている場合は格段にいいスタートを切ることができます。
また、中古ドメインの利用には以下のようなメリットがあります。

中古ドメインが持つ利点は、被リンクを持っているなどもあげられますが、 優先的にクロールされる・されやすい インデックスが速い 順位がつきやすい エイジングフィルターの影響がない・少ない などの、検索エンジンから優先的に評価されるということでしょう。 また、優先的に評価もされますし評価されるまでの無駄な時間を過ごさなくて済むという時間的コストの削減が最大の効果と利点だと考えれます。 新規ドメインに比べて1年ほどの時間を有利に過ごせる可能性を考えたら、サイト運用やSEO対策に対して大きな影響になります。

引用元:中古ドメインがSEO対策に良いとされる原理を考察 | SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

バックリンクの増加はSEO効果に直結します。
いかにナチュラルに被リンクの数を増やせるかが大切なポイントです。
ナチュラルでないリンクを闇雲に増やしていても、SEO効果にはつながらないので注意しておきましょう。
例えば繋がっているサイトがスパムだった場合はマイナスの評価につながる可能性もあります。
その場合は検索順位への良い影響もありません。
それゆえにリンク先がスパムでないかについてもチェックしておくことが重要です。

被リンク数による影響はホームページごとに様々となっています。
場合によっては検索順位を大幅に上げる影響を持つことも少なくありません。
リンク先のサイトの質が良いか悪いか知りたい場合は自ら訪れてみるのも有効です。
アクセスしてみることで初めてわかることもあります。
しかし、スパムの場合はアクセスすること自体にリスクが発生することもあるので、気を付けておくことが大切です。
サイトの質は検索エンジンが基準を示しつつ判断する仕組みになっています。