SXO(サーチエクスペリエンス)とは

サーチエクスペリエンス(SXO)とは、利用者の検索体験に主眼を置き、有効なSEO対策を実現するという考え方です。検索エンジンを利用している方の中には、自分の目的とするサイトが表示されなかったために何度も再検索するという方が少なくありません。これは利用者にとってある意味で不便なことでもあります。

そこでサーチエクスペリエンスでは、利用者の目的達成を実現できるようにSEO対策を行います。これにより、利用者に再検索させないようにすることが出来ます。再検索の必要がなくなった利用者は、一層必要な情報を得やすくなります。サーチエクスペリエンスにおいては検索体験の最適化が重要となります。検索体験の最適化をする際にはナレッジグラフについて知っておくことが重要です。ナレッジグラフとは、検索エンジンの検索結果を拡張するためにGoogleが使用している知識ベースです。ナレッジグラフはGoogleの検索アルゴリズムのひとつであり、その内容を把握していれば、検索上位への表示の可能性を高めやすくなります。

検索エンジンのアルゴリズムは基本的にユーザー視点を重視して作られています。簡単に言うとユーザーにとって利便性が高いといえるものは、検索上位に表示されるケースが多くなります。つまり、SEO対策を行うときもユーザー視点を意識しておくことが重要となっています。ユーザーをいかにして自サイトから離脱させないかが大切であり、そのためには検索意図を汲み取らなければなりません。検索をするということは何らかの理由があるはずなので、その理由に適合するようなコンテンツを用意することが大切といえるでしょう。検索意図を汲み取り、離脱させないサイトを作ることが出来れば、コンバージョン率も向上していくと考えられます。

SXOの根幹は利用者の需要にこたえることです。現代では簡単に検索を行うことが出来ます。しかし、意味もなく検索をしているという方はほとんどいません。検索エンジン利用者のほとんどは目的をもって検索を行っています。その目的に合ったサイトが表示されなければ、利用者の需要を満たしているとはいえません。それゆえに利用者の需要を的確に分析し、必要なコンテンツを提供することがサイトには求められます。アクセス解析を行うことで利用者の需要は徐々に見えやすくなります。分析をじっくりと行うこともサイト運営者にとっては大切なことといえるでしょう。再検索させない、その必要がないと感じてもらえるほど中身の充実したサイトを作ることが重要となっています。